講座のご案内

特別コース

講読コース (Corso di Lettura)

  • 2時間授業
  • 週1回
  • 授業数 15回(2020年11月~2021年3月)
  • 授業時間合計 30時間
  • テキスト
    • 詳細は後日ご案内致します。※取り上げる作品は事情により 変更する場合がございます。
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
上級 CLA 新聞や雑誌の記事、小説や文学作品の一部など、さまざまな種類の文章を取り上げて読み、読解力を養うと同時に知識の幅を広げます。また、多様なテーマについて話しあうことで、自分の意見を表現する会話力を上達させます。イタリア語の会話に慣れている上級者向けのコースです。
上級 CL-S ルイジ・ピランデッロの短篇集『一年分の物語』より、『甕』といくつかの作品を取り上げて読みます。この講座では辞書を片手に単語や文章の意味を追うだけでなく、味わいながら読むことができる読解力を養うことを目指します。今まで一人で読書していた方も、是非、講師のイタリア語による解説を手がかりにイタリア文学を読む面白さを発見してください。

日本の芸術をめぐる旅 (Percorsi di arte giapponese in italiano)

  • 2時間授業
  • 授業数 6回(2021年1月16・30日、2月13・27日、3月6・13日)
  • 授業時間合計 12時間
  • テキスト オリジナル教材
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
上・最上級 AG 室町時代の日本の美術をイタリア語で学び、日本を訪れる観光客にイタリア語で紹介する語学力と知識を養います。毎回の授業は二つのパートに分かれます。最初に講師が作品の背景や歴史上の重要性、語彙や言い回し、要点などを解説します。続いて受講生が、学んだことをもとにイタリア語で日本美術を紹介する練習をします。新たな発見を楽しみながら理解を深め、実際にイタリア語で伝えることで、的確に表現する力を定着させます。

イタリア映画史散歩
(La storia del cinema italiano... in pillole)

  • 2時間授業
  • 授業数2回(2021年2月6・20日)
  • 授業時間合計 4時間
  • テキスト オリジナル教材
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
上・最上級 SCI 学期ごとにイタリア映画史をいろいろな角度から取り上げ、様々な作品やその時代背景について学びながらイタリア映画史と文化、社会に関する知識と理解を深めていきます。
戦後間もないパダーナ平野に広がるエミリア=ロマーニャ州の小さな村。敵対しつつも長年の友である二人の主人公は、気の短い教区司祭とぶっきらぼうで血の気の多い共産主義の村長。冷戦が始まり、イタリアでもイデオロギーと政治の対立が激しさを増していきます。ジョヴァンニ・グアレスキによる大河小説はベストセラー長編シリーズとなり、1952~65年間に映画化された5作は当時大評判となって、その面白さは今も色褪せることはありません。配役は同時の大スター、フランス人俳優フェルナンデルとイタリアのジーノ・チェルヴィで役柄を見事に演じています。映画史とイタリアの風俗に関心のある方は、どうぞお見逃しなく。